東京の『相続』はお任せください

相続トータルサポート@東京 <span>by 心グループ</span>

生命保険を受け取ると、相続の際に持戻しの対象となりますか?

  • 文責:所長 弁護士 石井浩一
  • 最終更新日:2021年9月30日

1 そもそも生命保険は相続財産か

生命保険金は、保険契約によって定められた受取人が受け取るものですので、相続財産にはなりません。

例えば、夫・妻・長男・次男の四人家族で、被保険者が夫で、受取人が次男になっている場合は、次男が受け取る生命保険金は相続財産になりませんので、妻や長男は、生命保険金を相続することができません。

2 生命保険金が考慮される場合も!

ただ、このように考えると、他の共同相続人にとっては不公平となる場合もあります。

例えば、先ほどの例で、夫の相続財産が1,000万円しかなく、次男が受け取る生命保険金が3,000万円であった場合、妻と長男は、1,000万円の相続財産を2人で2分の1ずつ分けることになります。

結果として、妻と長男は500万円ずつ、次男は3,000万円を受け取ることになります。

しかし、生命保険の保険料は生前夫が支払っていたものであること、夫の死亡を機に生命保険金が支払われていることを踏まえると、妻・長男・次男の受け取ることのできる金額が不公平に思えます。

そこで、判例では、「保険金受取人である相続人とその他の共同相続人の間に生じる不公平が民法903条の趣旨に照らし到底是認することができないほどに著しいものであると評価すべき特段の事情が存する場合」には、民法903条の類推適用によって、生命保険金が特別受益に準じて持戻しの対象となり得ると考えています。

生命保険金が持戻しの対象になる場合には、生命保険金を受け取った相続人の、遺産分割での取得分が減少することとなります。

3 どれだけ生命保険金を受け取ると持戻しの対象となる?

これは、保険金の額と遺産総額に対する比率、同居の有無、被相続人の介護等に対する貢献の度合など、保険金受取人である相続人や他の共同相続人と被相続人の関係、各相続人の生活実態等の諸般の事情を総合考慮して判断するべき、とされています。

これらの事情を総合考慮して判断されますので、一概にはいえませんが、相続財産の半分以上を占めるような額の保険金を受け取ると、持戻しの対象となる可能性が高いと言われています。

4 他の共同相続人が多額の生命保険金を受け取っているのではないかと思われる方へ

お困りの際は私たちにご相談ください。

東京駅八重洲口から徒歩3分ほどのところに事務所がありますので、東京都内や近郊にお住まいの方がお気軽にご相談いただきやすい環境を整えております。

全力でバックアップいたしますので、東京で相続でお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ
  • 業務内容へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ