東京の相続はお任せください

相続トータルサポート@東京駅

遺言

選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

遺言の作成をお考えの方

1 そもそも遺言とは

遺言とは,遺言をする方にとって納得できる相続を実現させるものです。

通常の相続では相続できる割合(相続分)が法律によって決められていますが,遺言によって特定の相続人の相続分を多くしたり減らしたりすることができます。

また,法律では相続人になれない人に遺産を相続させることもできます。

また,遺言を作ることによって争いを防ぐこともできます。

遺言を作らずに亡くなった場合,相続人全員で遺産分割協議をしなければなりません。

協議がすぐにまとまれば問題はありませんが,争いが起きてしまった場合がやっかいです。

裁判所での調停や審判を経てようやく相続手続きができるようになります。

2 遺言の作成

遺言は手書きで作成することができます。

これを自筆証書遺言といいます。

紙とペン,印鑑さえあれば気軽に作成することができますが,書き方のルールは法律によって定められているため,せっかく書いた遺言が無効になってしまい,望んだ相続がなされない可能性もあります。

自筆証書遺言の他に,公証役場に出向いて作成する公正証書遺言があります。

遺言の原案を公証役場に持参し,公証人と打ち合わせを行い,証人2人の立ち合いの元作成する遺言です。

公正証書遺言の原本は公証役場に保管されるため,破棄されてしまう心配はありません。

公証人と相談しながら遺言を作成するため,遺言が無効になる可能性も極めて低いとされています。

ただし公証人はあくまで中立の立場をとっており,遺言を法的に有効にすることや遺言を安全に保管することを第一としておりますので,必ずしも遺言をされる方にとって最善の遺言を提案していただけるとは限りません。

また,立ち合いの際の証人は公証役場で紹介してもらえますが,謝礼を支払うことになります。

3 遺言作成に関するご相談

東京都内やその近郊の地域で遺言を作成する予定の方・遺言に関してお困りの方は,ぜひ弁護士法人心の東京駅法律事務所までご相談ください。

東京駅法律事務所は,東京駅八重洲北口より徒歩3分,日本橋駅より徒歩2分と,とても交通の便がよい場所に位置しております。

お問合せ・アクセス・地図へ