東京の相続はお任せください

相続トータルサポート@東京駅

相続放棄

選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

相続放棄のご相談

相続が開始した場合,相続人は次の3つのうちのいずれかを選択できます。

①相続人が被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認

②相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄

③被相続人の債務がどの程度あるか不明であり,財産が残る可能性もある場合等に,相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認

相続の開始により,相続人は,プラスの財産のみでなく,債務も承継することになります。プラスの財産より債務の方が多い場合などには,相続人は,相続放棄の手続きをすることにより,被相続人のプラスの財産とともに負債を承継しないものとすることができます。

ただし,相続放棄をするためには,被相続人が亡くなったことを知った日から3か月以内に,家庭裁判所で申述の手続きをする必要があります(この3か月の期間のことを熟慮期間と言います)。

遺産を調査する必要があるなど,3か月以内に相続放棄の手続きを行えそうにない場合には,3か月の期間中に,家庭裁判所で熟慮期間の伸長審判の申立てをしておく必要があります。

現実には,相続人がそもそも借金や連帯保証があるかどうか知らず,3か月経過後に借金や連帯保証の存在が明らかになることがあります。

このような場合には,熟慮期間経過後でも相続放棄の伸長を認めた例も過去にはありますが,あくまでも例外ですので,裁判所に的確・適正な理由を主張しなければなりませんので,弁護士に相談することをお勧めします。

当法人は,ご本人様に代わり,熟慮期間の伸長審判の申立ても含め,相続放棄の手続きを弁護士が行います。

借金や連帯保証の存在を知らなかった場合は,熟慮期間経過後であっても,家庭裁判所で相続放棄の申述を受理してもらえるよう,必要書類を作成したうえで,手続きを進めさせていただきます。

この場合,債務が存在することを知ってから3か月以内に,手続きを行う必要がありますので,早急にご相談ください。

弁護士法人心は,東京では,東京駅徒歩3分,日本橋駅徒歩2分の場所に,東京駅法律事務所がございます。

お問合せ・アクセス・地図へ